環境地質学研究室 (Laboratory of Environmental Geology)

精進川鉱山での現場試験(2022/07/20-2022/07/22)

精進川鉱山での現場試験(2022/07/20-2022/07/22)

このエントリーをはてなブックマークに追加

07/20-07/22の日程で佐藤先生、Hkaungさん、勝又君、肝付さん、山下の5人で精進川鉱山付近の雨鱒川付近にて調査・現場試験を行ってきました。

 

初日は吉岡砕石工業株式会社さんを訪問し、今回の現場試験で用いる玄武岩サンプルをご提供いただきました。

その際に、前回入ることができなかった採石の現場を案内していただきました。

 

切羽:鉄分が多いため、新鮮面と風化面で岩石の色が異なるとのこと(逆光で写真が見にくくてすいません…)

 

岩石は粉砕され、粒径ごとに分けられている

 

二日目は精進川鉱山でのサンプリングと現場試験の適地調査及び、㈱鉄山共和組さんを訪問して現場試験に用いる玄武岩サンプルをご提供いただきました。

 

水質調査の様子

 

三日目は二日目の調査をもとに、サンプルを雨鱒川の鉱廃水の排出口にサンプルを設置しに行ってきました。

また、この現場試験では鉱廃水に浸漬させた岩石の重量変化から、溶解速度を求めることを目的としています。

 

鉱廃水の排出口に設置されたサンプル

 

現場では現場試験に関するさまざまなアイデアを頂き、おかげさまで、無事設置場所の選定及びサンプルの設置を行うことができました。

 

最後になりますが、今回の調査を企画していただいた佐藤先生、協力いただいた㈱鉄山共和組、吉岡砕石工業㈱をはじめとする皆様には深く感謝申し上げます。

また今回の調査に快くご協力いただいたHkaungさん、勝又君、肝付さんにも感謝申し上げます。

 

今回の調査にご協力いただいた皆様

 

・それぞれの感想

Hkaung:This trip is my first one ever since I’ve been Japan. It is very wonderful and priceless trip not only for the travelling with sensei and you guys but also its give me a very important information and data for my research. I hope in near future, we can make such kind of trip again! The most memorizing moments are travelling, making field survey, communication and eating delicious Japanese food with you. By the way, in one day, let’s karaoke together……:苦笑い:

 

勝又:久しぶりの函館巡検でしたが、再発見が多くありました。また、同席した様々な企業の方から多くお話を伺うことができ非常に勉強になりました。今回の経験を今後に生かして行こうと思います。最後に今回の巡検に協力してくださった方、先生に深く感謝申し上げます。

 

肝付:今回私にとって初めての地質巡検でした。フィールドを歩くのは予想以上に大変なものでしたが、先生や先輩方に教えていただきながら水質調査というはじめての体験をすることができてとても充実した楽しい3日間でした。また、フィールドに同席していただいた方々の貴重なお話を思う存分聞かせていただくことができて、濃い時間を過ごさせていただけたことに感謝致します。

 

(文責:山下)

«

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です