環境地質学研究室 (Laboratory of Environmental Geology)

森地熱発電所見学(10/18-10/19)

森地熱発電所見学(10/18-10/19)

このエントリーをはてなブックマークに追加

10/18-10/19の日程で佐藤先生、西木さん、金田、Samiの4人で北海道電力森地熱発電所に見学へ行ってきました。

発電所までの道中では綺麗な紅葉もたくさん見ることができました(感動のあまり写真を撮るのを忘れてしまいました。)

到着後は北海道電力の方から森地熱発電所についての説明を受けた後に、発電施設の見学を行いました。

説明の中では、森地熱発電所及び地熱発電所についての概要や、現在森地熱発電所が直面しているスケール問題(熱水中の成分が鉱物として析出する問題)についてお話していただきました。

 

 

冷却塔。冷却塔の一部には松の木が使われているそうです。

 

 

生産した蒸気で回転させる蒸気タービン。隣に発電機が設置してあります。

 

手前のやぐらのような構造物が地下から熱水をくみ上げる生産井です。

 

こうした地上配管内に固形物が付着するスケール問題が問題となっています。

 

実際に地熱発電所を訪れるのは初めての経験でしたが、設備の見学や発電所の方のお話などとても勉強になりました。

このような機会を提供して下さった北海道電力森地熱発電所の皆様に感謝致します。

(文責 M2金田)

 

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です