環境地質学研究室 (Environmental Geology Laboratory)

南アフリカ共和国フィールドワーク(11/11-11/21)

南アフリカ共和国フィールドワーク(11/11-11/21)

このエントリーをはてなブックマークに追加

11/11-21にかけて南アフリカにフィールドワークへ、大竹先生、大友先生、松川さん、そして長島で行ってきました。

 

前半はBarberton Greenstone Belt(BGB)にて露頭巡検とサンプリングを行いました。BGBはMoodies層群をはじめとする太古の露頭が数多く残っており、現在も地球化学の研究が世界中で行われています。

 

BGBの景色

 

枕状砂岩(と縮尺になっていただいた松川さん)

 

縞状鉄鉱層(縮尺長島)

 

翌日は秋田大学の越後先生、アンドレア先生と同大学の地質専攻の学生と一緒にFairview mineにて職員の方から講演を受けました。(写真を撮り忘れてしまいました。すみません。)

その後、花崗岩帯の露頭観察を行いました。

 

露頭観察の様子

 

後半はBushveld複合岩体(世界屈指のクロムやレアアースの生産地)のコアのサンプリングのため、卒業生のマリセラさんが働くIvanplats社に伺いました。

 

    

 

コアサンプリングの様子(左)とコア(右)

 

今回のフィールドワークは私にとってははじめての南アフリカへの渡航となり不安がありましたが、先生方と先輩のサポートもあり危ない目には合わず帰国することができました。また日本ではできない刺激的な経験をすることができ、今後の研究のモチベーションになりました。今回の経験を活かしこれからの生活を豊かなものにしていきたいです。最後に南アフリカでのご飯の写真とカジノの写真を載せて締めたいと思います。 (文責:長島)

   

 

特大シュニッツェル。写真だとデカさが伝わりませんが2枚目のステーキよりも遥かに重かったです。。。

  

 

3枚目:特大ビールとマリセラさん。500mlと書かれていましたが絶対にもっとあったと思ってます。

4枚目:アフリカのカジノ。松川さんが以前ボツワナでお金を溶かしたとのことなので今回はトライしませんでした。。。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です