修論中間発表 (11/22)

修論中間発表 (11/22)

このエントリーをはてなブックマークに追加

市田です。

11/22(金)に修論中間発表が開催されました。

今年の修論中間発表は例年とは異なりフロンティア応用化学研究が会場となったため、雰囲気が少し学会チックだったような気がします。

 

学部3年の皆さんは研究室志望書の提出間近でもうほとんど考えが固まっているように感じたのですが、

それでも多数来ているのが見受けられたので感心しました。

卒論よりも内容が難しいのにも関わらず果敢に話を聞きに行く姿勢は我々も見習うべきだな、と。

M2の方々の説明が分かりやすいのもあるかもしれません。とひっそりと媚を売っておきます…。

 

環境地質学研究室からは計7名の学生が発表をしました。

 

S__33669126

黒田 知眞「カリウムアルミノシリケート水和物の変質とセシウムの吸着後の挙動」

 

S__33669130

東野 駿太「低温蛇紋岩化反応による水素生成に影響を与える地球化学的要因」

 

S__33669136

山内 大蔵「南アフリカ・ムーディーズ縞状鉄鉱層中のクロム濃集度に与える堆積環境、熱水活動、生物活動の影響」

 

S__33669144

亀ケ森 裕亮「ザンビア共和国カブウェ地区廃石場における重金属の存在形態とリン肥料による不溶化」

 

S__33669146

西木 悠人「Formation and characterization of magnesium silicate hydrates in natural and laboratory conditions」

 

S__33669152

池島 拓郎「沖縄トラフ伊是名海穴海底熱水鉱床における鉱床形成プロセス:黒鉱鉱床との比較」

 

S__33669139

Mokhiri Malesela Makhafola「Ni-Cu-PGE mineralisation in the Bastard reef and Merensky reef of the Flatreef section, Northen Limb, Bushveld Igneous Complex, South Africa」

 

M2の皆さん、発表お疲れ様でした。

発表を終えて先生方とMars cafeに飲みに行くようなので、楽しんで頂きたい所存です。

 

おまけ

S__58212397

君の研究じゃありません。 きみの けんきゅう じゃ ありません。

 

S__58212394

躍動感。

 

S__58212385

真っ白に燃え尽きてる。

 

S__58212382

こんな会場にも出てくるものなんですね、不審者。皆様も気をつけてください。

 

文責:市田

«

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です