修論中間発表 11/22

修論中間発表 11/22

このエントリーをはてなブックマークに追加

資源循環システムコースの修論中間発表が11/22(木)に行われ、M1から6名がポスター発表を行いました。

山本 幹 「沖縄トラフ伊是名海穴Hakureiサイトに産する海底熱水鉱石中の高溶解性物質の同定」

DSC03860

小出 葵 「相内鉱山廃水路の自然流下処理におけるコロイド粒子の生成・凝集過程」

DSC03851

西方 美羽 「南アフリカ・バーバトン緑色岩帯ムーディーズ層群中の縞状鉄鉱層に含まれるクロムスピネルの形成プロセス」

DSC03856

出井 俊太郎 「Fe(III)-およびFe(II)-H2O系において生成する鉱物相と亜セレン酸の吸着・共沈挙動に対する溶存シリカの影響」

DSC03850

小林 佑太朗 「同位体顕微鏡による重水素標識したマグネシウム含有水和生成物のイメージング法の開発」

DSC03846

Kalaba Lawrence 「Source identification and stability of heavy metals at slag dump in Kabwe mine area, Zambia」

DSC03858

中間発表お疲れ様でした!この後先生達と打ち上げに行ってスッキリできたようでで良かったです。

これからも修論執筆などハードスケジュールですが、応援してます!

 

文責:池島

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です