環境地質学研究室 (Laboratory of Environmental Geology)

九州巡検 (11/14-11/17)

九州巡検 (11/14-11/17)

このエントリーをはてなブックマークに追加

11/14-11/17の日程で大竹先生、Sariさん、菅原さん、松川、大門の5人で九州(大分、宮崎、熊本)に巡検へ行ってきました。

初日は大分県の姫島ジオパークへ行ってきました。ジオパークの職員(大竹先生の元同僚)である堀内さんにジオパークの案内・解説をしていただきました。姫島ジオパークでは多くの露頭観察をすることができ、地質的にとても興味深いものをみることができました。

 

コンボリュートラミナの露頭

 

黒曜石と菅原さん

二日目は国東半島の海岸沿いで砂鉄のサンプリング、十文字展望台から別府-島原地溝帯の観察を行い、別府温泉に宿泊しました。

 

三日目は槇峰鉱床の露頭観察、宮崎県の高千穂へ行ってきました。

 

槇峰鉱床の露頭観察

 

宮崎県高千穂のきれいな柱状節理

 

四日目は阿蘇に行きカルデラを観察することができました。

 

今回の九州巡検によって九州地方の成り立ち、北海道との地質の違いを理解することができました。

九州はご飯もおいしく、温泉もさいこうでした!!

 

最後に今回の巡検を企画して頂いた大竹先生、姫島ジオパークで案内して頂いた堀内さんに感謝致します。

(文責:大門)

 

«

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です