このエントリーをはてなブックマークに追加

国内学会発表

胡桃澤清文,名和豊春,奈良禎太: 空隙構造の異なるセメント硬化体の微細構造と弾性係数, 第62回セメント技術大会, ホテルメトロポリタン,東京都,(2008年5月)
千野大輔,佐藤努,米田哲朗,大谷祐介,高山英樹: 高アルカリ環境下におけるスメクタイトの溶解速度への溶存Alの影響, 資源・素材学会北海道支部春季講演会, 幌延町公民会館,(2008年6月)
安楽総太郎,森本和也,佐藤努,米田哲朗: 高アルカリ環境下における二次鉱物の生成と陰イオンの分配について-オマーンの高アルカリ泉におけるナチュラルアナログ研究-, 資源・素材学会北海道支部春季講演会, 幌延町公民館,(2008年6月)
奈良禎太,金子勝比古: 岩石のサブクリティカルき裂進展の環境依存性, 第12回岩の力学国内シンポジウム, 山口大学工学部,(2008年9月)
佐藤努,浅井篤,森本和也,安楽総太郎,米田哲朗,沼子千弥:高アルカリ環境での含マグネシウム鉱物の生成とヒ素の不可逆的固定,第51回粘土科学討論会,沖縄ポートホテル,(2008年9月)
鈴木啓三,佐藤努,米田哲朗:加熱処理したモンモリロナイトの分散液の粘度,第51回粘土科学討論会,沖縄ポートホテル,(2008年9月)
上野健一, 陶山宏,笹本広:10年間,鉄津接触した圧縮ベントナイトの変質と鉄の挙動,第51回粘土科学討論会,沖縄ポートホテル,(2008年9月)
森本和也,佐藤努,米田哲朗:ハイドロタルサイトに対する陰イオンの特異吸着性とそれに関連した陰イオン特性,第51回粘土科学討論会,沖縄ポートホテル,(2008年9月)
伊藤健一,太田慶子,池田穂高,福士圭介,川西琢也,佐藤努,米田哲朗:土壌汚染対策におけるシュベルトマナイトの活用,第51回粘土科学討論会,沖縄ポートホテル,(2008年9月)
弘山郁織,大田由貴恵,佐藤努,米田哲朗:様々な鉱物のアミノ酸重合触媒作用と相対湿度の影響,第51回粘土科学討論会,沖縄ポートホテル,(2008年9月)
千野大輔,佐藤努,大谷祐介,高山英樹,米田哲朗:高アルカリ環境下でのスメクタイトの溶解速度への溶存Alの影響,第51回粘土科学討論会,沖縄ポートホテル,(2008年9月)
安楽総太郎,森本和也,佐藤努,米田哲朗:天然高アルカリ条件下における陰イオンの収着と鉱物の生成について,第51回粘土科学討論会,沖縄ポートホテル,(2008年9月)
佐藤努,福士圭介,米田哲朗:無機陰イオンの環境地球化学,日本地球化学会,東京大学,(2008年9月)
佐藤努,浅井篤史,安楽総太郎,森本和也,Opiso,Einstine,沼子千弥,米田哲朗:地球表層に産する鉱物による無機陰イオンの取り込み,日本鉱物学会2008,秋田大学,(2008年9月)
弘山郁織,大田由貴恵,佐藤努米田哲朗:様々な鉱物表面におけるアミノ酸重合触媒作用の比較,日本鉱物学会2008,秋田大学,(2008年9月)
木工裕史,米田哲朗,佐藤努:北海道豊羽熱水系に産する粘土鉱物の層厚解析,日本鉱物学会2008,秋田大学,(2008年9月)
佐藤努,浅井篤史,安楽総太郎,森本和也,オピソ アインシュタイン,沼子千弥,米田哲朗:アルカリ環境で生成する鉱物による無機陰イオンの取り込み,資源・素材2008,仙台国際センター,(2008年10月)
河原木千恵,佐藤努,佐藤泰,大西利満,志々目正高,米田哲朗,金子勝比古:ベントナイト遮水材のX線CTによる微細構造観察と遮水性,資源・素材2008,仙台国際センター,(2008年10月)
木工裕史,米田哲朗,佐藤努:北海道豊羽熱水系に産する粘土鉱物の粒径解析,資源・素材2008,仙台国際センター,(2008年10月)
木村志照,米田哲朗,佐藤努,高田盛生:泥質岩における砒素の存在状態および溶出特性,資源・素材2008,仙台国際センター,(2008年10月)
石田圭史郎,米田哲朗,佐藤努,玉村修司:北海道産天然ゼオライトの陰イオン吸着挙動について,資源・素材2008,仙台国際センター,(2008年10月)

国際学会発表

Tetsuro Yoneda, Yoko Sasaki, and Tsutomu sato: An Application of XRD Rietveld to the mineral phase quantification of geological materials, The 2nd International Workshop and Conference on Earth Resources Technology, チュラロンコン大学,(April 3-4,2008)
Tsutomu Sato and Tetsuro Yoneda: Enviromental Mineralogy‐Lessons Learnt from Natural Processes‐, The 2nd International Workshop and Conference on Earth Resources Technology, チュラロンコン大学,(April 3-4,2008)
Sohtaro Anraku, Kazuya Morimoto, Tsutomu Sato* and Tetsuro Yoneda: Sorption of anions and formation of minerals at naturally-occurring Hyperalkaline Condition, 5th Interfaces against pollution 2008,京都大学, (June 1-4, 2008)
Kazuya Morimoto, Tsutomu Sato and Tetsuro Yoneda: Complexation reactions of inorganic anions on layered double hydroxide surfaces, 5th Interfaces against pollution 2008,京都大学, (June 1-4, 2008)
Y. Nara, Y. Ichihara, M. Sawada, S. Tomita and K. Kaneko: Effects of the Relative Humidity on the Crack Growth in Rocks, 70th EAGE Conference & Exhibition incorporating SPE EUROPEC 2008, Rome, Italy, (June 9-12, 2008)
T. Sato, A. Asai, K. Morimoto, S. Anraku and T. Yoneda : Irreversible fixation of Arsenic during formation of Mg-bearing minerals at alkaline condition,Goldschmidt2008,Vancouver,Canada(July 13-18,2008)
S. Anraku, K. Morimoto, T. Sato and T.Yoneda:,Goldschmidt2008,Vancouver,Canada(July 13-18,2008)
E.M. opiso, T. Sato and T. Yoneda: Sorption characteristics of oxyanions during and after allophane precipitation Goldschmidt2008,Vancouver,Canada(July 13-18,2008)
Y. Nara, D. Mori, H. Owada and K. Kaneko: Study of Subcritical Crack Growth and Long-Term Strength for Rock and Cementitious Material for Radioactive Waste Disposal, 1st Southern Hemisphere International Rock Mechanics Symposium, Perth, Australia, (September 16-19, 2008)
T.Sato,A.Asai,K.Morimoto,S.Anraku,and T.Yoneda:Irreversible Fixation of Arsenic During Formation of Mg‐Bearing Minerals At Alkaline Condition, 1stRegionalConference in Geo-Disaster Mitigation and Waste Management in ASEAN(March3-4,2009)
E.M.Opiso,T.Sato,T.Yoneda,:Arsenate Incorporation inAllophane,1stRegionalConference in Geo-Disaster Mitigation and Waste Management in ASEAN(March3-4,2009)

論文

森屋洋,羽沢大樹,阿部真郎,米田哲朗,檜垣大助,佐々木卓郎(2008) 谷地地すべりにおける新第三系珪質泥岩地層すべりのすべり面構造,日本地すべり学会誌,44,281-291
伊藤健一,福士圭介,橋本晃一,田中小満,池田穂高,佐藤努,米田哲朗(2008) 自然浄化機構に学ぶ新しい資源回収型酸性坑廃水処理方法の開発,Journal of MMIJ Vol.124, 519-528
米田哲朗,前田寛之(2008) 熱水性鉱床に産する緑泥石の科学組成と緑泥石地質温度計の適用性,Journal of MMIJVol.124, 694-699
高田盛生,福士圭介,佐藤努,米田哲朗(2008)シュベルトマナイトへの様々なオキシ陰イオンの吸着とその後の安定性,粘土科学,47,255-260
奈良禎太,加藤春實,金子勝比古(2008)微視き裂分布評価を目的とした多面体試験片を利用した花崗岩の主軸方向決定法, Journal of MMIJ, Vol.124, 725-732.
胡桃澤清文,名和豊春,奈良禎太(2008)セメント硬化体の微細構造と弾性挙動,コンクリート工学年次論文集,Vol.30, 591-596.
胡桃澤清文,名和豊春,奈良禎太(2008)空隙構造の異なるセメント硬化体の微細構造と弾性係数,セメント・コンクリート論文集, No.62, pp.122-127