研究成果
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページでは研究成果を公開します。

 

 

2016年度

論文

 

  • Mukai, H., S. Motai., T. Yaita, and T. Kogure (2016), Identification of the actual cesium-adsorbing materials in the contaminated Fukushima soil. Appl. Clay Sci., 121-122, 188-193, DOI:10.1016/j.clay.2015.12.030.

 

  • Yamaguchi, N., M. Mitome, K. Akiyama-Hasegaea, M. Asano., K. Adachi and T. Kogure (2016) Internal structure of cesium-bearing radioactive microparticles released from Fukushima nuclear power plant. Sci. Rep., 6, 20548, DOI: 10.1038/srep20548.

 

  • Mukai, H., A. Hirose, S. Motai., R. Kikuchi, K. Tanoi., T. M. Nakanishi., T. Yaita and T. Kogure (2016) Cesium adsorption/desorption behavior of clay minerals considering actual contamination conditions in Fukushima. Sci. Rep., 6, 21543, DOI: 10.1038/srep21543.

 

  • Morimoto, K., Tamura, K., Yamada, H., Sato, T. and Suzuki M. (2016) Determination and reduction of Fe(III) incorporated into Mg-Fe layered double hydroxide structures, Applied Clay Science,121-122, 71-76.

 

  • Opiso, E., Sato, and Yoneda, T. (2016) Immobilization of selenium by Mg-bearing minerals and its implications for selenium removal from contaminated water and wastewater: Applied Clay Science, 123,121-128.

 

  • Matsunaga, T., Nakanishi, T., Atarashi-Andoh, M., Takeuchi, E., Tsuduki, K., Nishimura, S., Koarashi, J., Otosaka, S., Sato, T. and Nagao, S. (2015) A passive collection system for whole size fractions in river suspended solids: J. Radioanal. Nucl. Chem., 303, 1291-1295.

 

  • Grangeon, S. Claret, F. Roosz, C. Sato, T. Gaboreaua S. and Linardd, Y. (2016) Structure of nanocrystalline calcium silicate hydrates: insights from X-ray diffraction, synchrotron X-ray absorption and nuclear magnetic resonance, Journal of Applied Crystallography, 49,「掲載確定」

 

 

 

 

国際学会

 

 

 

 

国内学会

 

  • 小暮敏博, 向井広樹, 甕聡子, 山口紀子, 長谷川琴音, 三留正則, 原徹, 矢板毅, 福島原子炉から飛散したセシウム含有放射性微粒子内の元素分布, 日本原子力学会2016年春の年会 (東北大学, 宮城, 2016.3.27)(口頭)

 

  • 甕聡子, 吉田浩子, 矢板毅, 小暮敏博, 避難指示区域家屋内の137Csを含む室内塵の観察, 日本原子力学会2016年春の年会 (東北大学, 宮城, 2016.3.27)(口頭)

 

  • 向井広樹, 甕聡子, 小暮敏博, 田村堅志, 矢板毅, 福島実汚染レベルにおける風化黒雲母からのCsの脱離挙動, 日本原子力学会2016年春の年会 (東北大学, 宮城, 2016.3.28)(口頭)

 

  • 小暮敏博, 福島の放射性微粒子の正体は何か, 第12回放射能の農畜水産物等への影響についての研究報告会 (東京大学弥生講堂, 東京, 2016.3.26) (招待講演)

 

  • 2016年4月30日,東京大学本郷キャンパス,一般講演 資源・素材学会春季大会 ボールミル剥離,磁力選別,重液選別を用いた粗粒のセシウム汚染土上処理 伊藤真由美,湊川和貴,Tabelin Carlito,広吉直樹 講演番号3603(WEB講演要旨),査読無し

 

 

 

2015年度

論文

  • Kikuchi, R., H. Mukai, C. Kuramata, and T. Kogure, (2015), Cs-sorption in weathered biotite from Fukushima granitic soil, J. Mineral. Petrol. Sci., 110, 126-134 DOI: 10.2465/jmps.141218.

 

  • Fujii, E., K. Tamura, T. Hatta, H. Yamada, T. Yaita, and T. Kogure, (2015), Cesium sorption to paddy soil in Fukushima, Clay Sci., 19, 17-22.

 

  • Nishimoto, R., Zhu, Q., Miyamoto, T., Sato, T., Tu, X., Aneksampant, A. and Fukushima, M. (2015) Monopersulfate oxidation of Acid Orange 7 with an iron(III)-tetrakis(N-methylpyridinium-4-yl)porphyrin intercalated into the layers of montmorillonite and pillared clay: J. Molecul. Catal. A: Chemical., 396, 84-89.

 

 

 

国際学会

 

  • Kogure, T., T. Hara, M. Mitome, N. Yamaguchi, Complete Elemental Analysis of Silicate Microparticles Released from Fukushima Nuclear Reactors Using Microcalorimeter EDS in TEM, The 2nd East-Asia Microscopy Conference (EAMC2) (Himeji Chamber of Commerce and Industry (HCCI), Hyogo, Nov. 25, 2015) (Poster P.)

 

  • Kogure, T. and T. Yaita, Fukushima nuclear disaster and clay, Euroclay 2015 (Edinburgh, UK, July 6, 2015) (Invited lecture)
  • Kikuchi, R., H. Mukai, C. Kuramata, T. Kogure, Cs-sorption in weathered biotite from Fukushima granitic soils, Euroclay 2015 (Edinburgh, UK, July 10, 2015) (Oral p.)

 

  • Kikuchi, R., H. Mukai, C. Kuramata, T. Kogure, Cs-sorption in weathered biotite from Fukushima granitic soils, Euroclay 2015 (Edinburgh, UK, July 10, 2015) (Oral p.)

 

 

 

国内学会

 

  • 小暮敏博, 放射性Csを吸着している粘土鉱物はどのようなものか‐IPオートラジオグラフィと電子顕微鏡による探索‐, 環境放射能除染学会第10回講演会 (ハロー貸会議室新橋, 東京, 2015.9.29) (招待講演)

 

  • 小暮敏博, 向井広樹, 山口紀子, 浅野真希, 留正則, 長谷川琴音, 足立光司, 福島第一原発より飛散した放射性微粒子のTEM観察, 日本鉱物科学会2015年年会 (東京大学, 東京, 2015.9.27) (口頭)

 

  • 向井広樹, 小暮敏博, 菊池亮佑, 甕聡子, 廣瀬農, 田野井慶太朗, 中西友子, 田村賢志, 福島実汚染濃度レベルにおける粘土鉱物のCs-137吸着能, 日本鉱物科学会2015年年会 (東京大学, 東京, 2015.9.27) (口頭)

 

  • 菊池亮佑, 甕聡子, 向井広樹, 小暮敏博, 南アフリカ産バーミキュライトの不均質性について, 第59回粘土科学討論会 (山口大学, 山口, 2015.9.4) (口頭)

 

  • 小暮敏博, 向井広樹, 廣瀬農, 甕聡子, 田野井慶太朗, 中西友子, オートラジオグラフィによる実環境を考慮した粘土鉱物のCs吸着挙動の解析, 日本地球惑星科学連合2015年大会 (幕張メッセ国際会議場, 千葉, 2015.5.26) (口頭)

 

  • 菊池亮佑, 倉又千咲, 井上紗綾子, 小暮敏博, 福島県東部に産するbiotite-vermiculite混合層鉱物とそのセシウム吸着挙動, 日本地球惑星科学連合2015年大会 (幕張メッセ国際会議場, 千葉, 2015. 5. 26) (口頭)

 

  • 向井 広樹,甕 聡子,小暮 敏博,福島の放射能土壌汚染の顕微解析,日本地球惑星科学連合2015年大会(幕張メッセ,国際会議場,千葉,5.27)(招待講演)

 

  • 向井 広樹,甕 聡子,小暮 敏博,FIBとIPオートラジオグラフィを用いた福島汚染土壌粒子中の放射性セシウムの分布解析,日本地球惑星科学連合2015年大会(幕張メッセ,国際 会議場,千葉,5.26) (口頭)

 

  • 甕聡子,向井広樹,綿貫徹、大和田謙二、福田竜生、町田晃彦,倉又千咲,菊池亮佑、北澤英明、小暮敏博, SR-μ-XRDを用いた福島放射性土壌粒子の鉱物評価本地球惑星科学連合2015年大会(幕張メッセ、千葉、5.26)(口頭)
  • 2015年6月13日,函館市国際水産・海洋総合研究センター,一般講演資源・素材学会北海道支部春季講演会 放射性セシウム汚染土壌活用のための高度選別処理 湊川和貴,伊藤真由美,Tabelin Carlito,広吉直樹 講演要旨集57-58

 

  • 尾崎友里絵・ポールクラレンスフランシスコ・佐藤努・大竹翼:アルカリ条件におけるシリカ含有フェリハイドライトへのセレンの取り込み、第25回環境地質学シンポジウム、日本大学、東京、2015年11月28日

 

  • 佐藤努:有害無機陰イオンのマネージメントにおける地球化学モデリングの重要性、第25回環境地質学シンポジウム、日本大学、東京、2015年11月28日

 

総説・解説等

 

  • 小暮敏博 (2015), 福島で放射性セシウムを吸着・固定している鉱物は何か, 地球化学, 49, 195-201, DOI:10.14934/chikyukagaku.49.195.

 

  • 小暮敏博 (2015), 放射性Csを吸着している粘土鉱物はどのようなものか―IPオートラジオグラフィと電子顕微鏡による探索―, 粘土科学, 54, 22-27.