環境地質学研究室 (Laboratory of Environmental Geology)

杉浦 遼平
このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちの地球環境はどのように進化してきたのか?
太古代の地質学的・地球化学的シグナルを保持する化学堆積岩や、当時の環境を模擬した室内実験、地球化学モデリングなどから、初期海洋における元素挙動を解明し、それを促した初期の生物活動や地球表層環境を推定しています。

杉浦 遼平(Ryohei Sugiura)

学年 修士1年
e-mail sugry5728@eis.hokudai.ac.jp
部屋 K棟2階 K204

略歴

2010年4月-2013年3月 小平市小平第二中学校 
2013年4月-2016年3月 東京都立武蔵高等学校 
2016年4月-2020年3月 北海道大学工学部環境社会工学科 
2020年4月-現在  北海道大学工学院環境循環システム専攻 

研究分野

地球化学
堆積学
地球史解読

所属学会

日本地球惑星科学連合
日本地球化学会
研修 南アフリカ IVANHOE MINE (2019年9月)

趣味・特技

サッカー
海外放浪
温泉&サウナ
受賞歴

・小平市少年少女マラソン大会 2年連続 銀メダル (2006年, 2007年)

・北海道大学工学部長賞 (2020年3月)

発表

32億年前に形成した南アフリカ・バーバトン緑色片岩帯ムーディーズ縞状鉄鉱層における鉄同位体分別,  杉浦遼平、大竹翼、山内大蔵、大友陽子、佐藤努,  JpGU-AGU Joint Meeting 2020

Iron isotopic signatures in a 3.2Ga Banded Iron Formations record iron oxidative precipitation in the Archean shallow ocean environment, Ryohei Sugiura, Tsubasa Otake, Yoko Otomo, Tsutomu Sato, 第10回同位体環境学シンポジウム(2020年12月)