プロジェクト紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加

研究テーマ

放射性セシウムを固定している土壌粒子の全容解明と

合理的な汚染土壌の減溶化法の提案」

 

研究目的

福島の実汚染土壌中の放射性セシウムを固定している土壌粒子の全容を解明し、

そのデータに基づいて中間貯蔵や最終処分時に必要となる汚染土壌の減容化法を提案することを目的とする。

 

本プロジェクトの特色

粘土鉱物学を専門とする佐藤と鉱物の透過電子顕微鏡による観察で世界的に著名な小暮、

選鉱(鉱物処理)の分野で見識の高い廣吉の分野の異なる研究者が協力することで

福島のフレコンパックに詰められた負の遺産の問題解決に取り組む。

 

※フレコンパック

フレキシブルコンテナバックの略。放射性セシウムで汚染された線量の高い土壌や草木などは回収され、

フレコンバックの中に入れられ一時保管されている。